株式会社COBOL(コボル)の組織図

COBOL組織図の枠線

【 システム開発本部 】

金融システム部

銀行、証券会社、クレジットカード会社などの大手金融機関を中心とした金融システムの
開発を担当しています。

日本経済を司る大手金融機関の基幹システムは、依然としてCOBOLを中心とした
汎用系言語で開発されたホストコンピュータが中心です。

近年は、銀行をはじめとする金融機関の再編により、金融システムの再構築が活発に
行われています。証券業界では、市場の活性化によってシステムの増強を図る証券会社が
増加中です。また、クレジットカード会社のサービス多様化によって新しいシステム開発の
プロジェクトが増えてきました。このような状況下、COBOL技術に特化した当社の
金融システム部に寄せられる開発の要請も多く、金融システム部は当社技術部門の中心
として存在感を示しています。

生保システム部

生命保険会社のシステム開発を担当する部隊です。安定性を重視する金融業界では、
安全かつ堅牢性の高いホストコンピュータに対する信頼は非常に厚いものがあります。

特に、老舗の企業が多い生命保険業界では、古くからの資産を強化しながら使い続けて
いる部門が多く存在しています。COBOLに特化した開発を手がける当社に対する期待が
高く、生保システム部では技術力の向上に日々努めてまいります。

損保システム部

損害保険会社を中心としたシステム開発を担当する部隊です。開発スピードとコスト、
品質を考えると、オープン系システムより汎用系システムに一日の長があります。

安定性・堅牢性が求められる損害保険会社においても、COBOL言語による汎用システム
を採用するケースが多く、当社には様々な開発案件の依頼が寄せられています。

製造システム部

自動車会社を中心とした生産管理システムの開発が中心となります。
大手自動車メーカーは、製品開発、部品調達、生産管理、物流、販売、人事・会計などを
統括する経営管理システムにホストコンピュータを採用していることが多く、当社に
COBOLを使ったシステム開発の案件が多数寄せられています。

当社では、要件定義や基本設計といったシステム開発の上流工程から、
中小規模の開発理管理に至るまで、様々な業務を担当しています。

産業システム部

公共機関、流通業界、その他の産業と、ホストコンピュータの開発に関わるすべての
領域をカバーする部隊です。

公共機関向けの案件としては、自治体向け業務システム(財務や電子申請など)の
設計開発があります。当社では、プロジェクトメンバーを管理・指導するプロジェクト
マネジメント業務から、プログラミング・テストを担当する開発業務まで、幅広い業務を
カバーできる組織力を備えています。公共機関という責任ある分野でのシステム開発は、
社会的貢献度も高く、高度な技術力と安定性を誇る当社に高い期待が寄せられて
いるのです。

品質管理部

株式会社COBOLが手がける汎用系システムには、大手銀行を代表とする大企業の
インフラ部門や基幹部門を支える重大な使命が与えられています。そのためには、
システムが適切な設計・仕様に基づいて開発され、クライアント様が求める品質を
確保されたものであることが必要不可欠です。

当社では、クライアント様の要求事項を満たすことはもちろん、継続的に高品質・高信頼性
のシステムを提供するために、品質管理部を設置してクオリティの維持に努めています。

品質管理部では、品質基準や規格を維持するための作業標準、工程表などを厳しい基準
で評価しています。また、高品質のシステムを常にクライアント様に提供するために、
技術者の教育や技術力の向上にも日々努めてまいります。

COBOL技術者募集
COBOL組織図左メニュー 1.正社員
2.契約社員
3.個人事業主
などの 求人情報 が閲覧できます。
COBOL組織図左メニュー
COBOL魂
COBOL組織図左メニュー 目指せ!COBOLダントツ一番企業。創業当初の話や理念が閲覧できます。 COBOL組織図左メニュー
新着情報
COBOL組織図左メニュー 2017年11月10日
プライバシーマークを更新しました。
COBOL組織図左メニュー
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)・XHTMLは、W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。
COBOL組織図の枠線